8か月~9か月まで

マルプー生後65日 梨の木をあげてみた(生後8か月 追記あり)

手にじゃれてくるし、腕をカプカプ噛んでくるちゃま。

あま噛みだからそんなに痛くはないんだけど、乳歯が細くてとんがってるので、それがちょっとチクチクします。

歯がゆいんだろうから、ガシガシ噛めるものをあげたいなーと思って、梨の木を買いました。

わたしが買ったのは↑このチュー フォー モアトリーズ (Chew for moretrees) 梨 XS。¥1702でした。

犬用のガムではなく、木を選んだわけ

犬がカミカミすると言えば犬用のガム!そう思って、最初はガムを買うつもりでした。

でもアマゾンで色々見てるうちに、気がつくと木をポチってたわたし。

ガムじゃなくて木にした理由 その1 自然素材。

化学薬品とか農薬は使ってないし、日本製だし、どーやって作られてるかわかんないガムよりいいかも!と思ったんです。

木を選んだ理由 その2 木は食べものではない。

ガムだとおやつのように食べちゃうから、間食がふえるのが気になる・・・

梨の木だと、いくら犬が食べられるとはいえ、さすがにそんなにバックバク食べないだろう、と思いました。だって木だし。

犬に梨の木をあげるメリット

噛むと細かくくだけるから、犬が飲み込んでも安心なはず

固いものを噛むことでストレス発散になるだろう

梨の木のメリットは「ボロボロ細かくくだける」ことです。

だから、もしお腹に入っちゃってもいいやーって思える。

でも!ってことはつまり、部屋が木のくずで汚れちゃうってことですよね。

犬に梨の木をあげるデメリット

きっとわたしたちが裸足でクズを踏んだら悲惨なことになる

多分マメに掃除機をかける必要がある

でも結局、このデメリットは感じることはありませんでした。

正確に言えば、デメリットだけじゃなく、メリットさえも感じられず。

なぜなら、ちゃまはまーーったく噛めなかったんです。

ちっちゃい乳歯で噛もうとするけど、まったく歯が立たない

 

見てるこっちが悲しい気分になるくらい全然噛めない。

あまりに噛めなくて、最終的にはキレてぶん投げる

 

2か月の子犬にはまだ早かったみたいです。

乳歯がぬけてからまた試してみるつもり。

 

追記(生後8か月)

歯が生えかわった生後8か月でも、ほとんど噛んでる姿見たことない・・・

たまーに気がむいたときにちょっとくわえるんだけど、すぐにポイっと投げとばします。

この梨の木はちゃまには固すぎたのかも。

桜の木だと梨よりやわらかいらしいので、懲りずに次はこっち↓を買ってみようと思います。

 

さらに追記(生後9か月)

桜の木買いましたが、失敗に終わりました。

こちらの記事もおすすめ